接客業で求められるスキル

まず、接客業で注意しなければならないのは、お客様に不快な思いをさせてはならないという点です。
これができないと相手に良い印象を与えることができず、集客率を上げることができません。
ではどのようにすれば良い印象を与えることができるのでしょうか。
具体的な例を挙げると、まず、お客様の顔を見て「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を言うということです。
相手の顔を見ないでいう挨拶ほど、不快なものはありません。
相手にとっては、自分がないがしろにされていると感じるからです。
ですから、どんなに忙しくても、近くのお客さんにいらっしゃいませをいう時は、相手の顔を見るべきです。
また、スタッフ同士で話し込んだり、ふざけたりというのも気をつけるべき点です。
お客様がいるにもかかわらず、世間話をスタッフ同士でしていると非常に印象が悪く、お客様に不快感を与えます。
一方で、お世辞を連発するというのも悪いことです。
洋服屋さんなどのショップ店員でありがちなのが、明らかに似合っていないものを似合っているという人です。
お客様からしたらスタッフの神経を疑いますし、明らかなお世辞は相手に失礼です。
ですから、過度なお世辞ではなく「いかがですか~」くらいに留めておきましょう。
また、商品の説明を適当にするスタッフもNGです。
どんなに忙しくてもきちんとした説明をすることで、お客さんに良い印象を与えることができます。
ショップ定員のアルバイトは神経を使うことがたくさんありますが、以上のような注意すべき点を参考にしてアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。